MENU

自己処理脱毛のメリット・デメリット/指毛wo脱毛.com

 

 

 

 

 

 

 

 

   脱毛サロンなどへ通うと、お金もかかるし、何回も行くのは面倒...
   そう思っている方は、ご自分で処理をされると思います。

 

 

   このページでは自己処理脱毛の種類と、
   メリットデメリットを見ていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

  カミソリ(シェービング)

 

   メリット:
   手軽でコストが掛からないことと、気になったら、すぐに処理が出来ること。

 

   デメリット:
   刃を直接当てるので、お肌へのダメージは避けられません。
   また、自分の目の届かないところは、できないですし、すぐにまた生えてきます。

 

 

 

 

 

 

  脱毛クリーム

 

   メリット:
   比較的低価格で、短時間で処理できます。
   仕上がりも綺麗ですし、カミソリよりも、次に生えてくるまで期間が、空きます。

 

   デメリット:
   薬品特有の臭いがします。
   お肌が弱い人は、できない人もいますので、パッチテストが必要です。
   デリケートゾーンなどには使えません。残る時もあります。

 

 

 

 

 

 

  脱毛テープ

 

   メリット:
   次に生えてくるまで、だいぶ期間が空きます。

 

   デメリット:
   とにかく痛いです。
   また、硬い毛や短い毛など、抜けづらい毛は、残ることがあります。

 

 

 

 

  脱色

 

   メリット:
   抜くわけではないので、痛みがないです。

 

   デメリット:
   薬品の臭いが気になりますし、パッチテストが必要です。
   まとまった時間も必要なので、手軽さは低いです。
   デリケートゾーンなどには使えません。

 

 

 

 

 

 

  毛抜き

 

   メリット:
   抜けたかを、きちんと確認できることと、
   次生えてくるまで、時間がかかることです。

 

   デメリット:
   手間と時間がかかりますし、大変な作業になります。
   また、埋没毛が起こりやすいです。

 

 

 

 

 

 

  ワックス

 

   メリット:
   広範囲を1度に処理でき、次に生えてくるまでのサイクルが、長いです。

 

   デメリット:
   温める必要があり、パッチテストが必要です。
   かぶれる可能性もあります。

 

 

 

 

 

 

  家庭用脱毛器

 

   メリット:
   自宅で手軽にできます。
   家族でシェアできますし、1度購入すれば、追加でコストもかかりません。
   (カートリッジの費用は、別途かかります)
   全身に使えば、サロンに通うより、圧倒的にリーズナブルです。

 

   デメリット:
   初期費用がかかることと、処理の範囲が狭いので、
   時間がかかってしまいます。
   自己責任なので、使用方法を守らないと、
   肌トラブルを起こしてしまうかもしれません。

 

 

 

 

 

 

   自己処理は、手軽なことが魅力ですが、その分、
   注意しなければならなかったり、手間もかかります。

 

   脱毛自体、お肌への負担が大きいですので、
   使用上の注意をよく確認して、自己処理しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

『指毛wo脱毛.com』トップへ戻る!